手探りイギリス滞在記

手探りイギリス滞在記

英語が苦手なのにイギリスに飛び出した人の備忘録

Monzoの罠

こんにちは、piyaです。

 

以前記事にして紹介したネットバンク『Monzo』が便利なのでずっと使っているのですが、先日ATMを使った際に「ミスった!!」と思った出来事があったので共有します。

 

Monzoの現金引き出し上限

私が口座を作った時は1ヶ月£5500まで引き出し無料だったのですが、2020年10月31日から1ヶ月£250までは無料、それ以上は手数料が3%かかるという規定に変わってしまいました。こうして文字にしてみると、上限がかなり下がりましたね。

私はこの事実を知っていたのですが、今までは家賃を振り込みで払っていた事もあり、特に困ることはありませんでした。しかし5月以降は家賃を現金で支払う事になったので、規定が変わってから初めて£250以上引き出すことになりました。

そこで私は4月のうちに少しお金を下ろしておいて、£250を超える分の家賃に手数料が掛からないようにしようと考えました。

 

手数料無料の上限は「月に£250」ではなく「30日ごとに£250」だった

はい、結果は見出しの通りです(笑)

私は4月末までに£250を下ろせば5月はまた£250を下ろしても手数料無料だと勘違いしていました。

以下の画像をご覧ください。

f:id:sp8uk:20210525062239j:image

4月末に£210を下ろし、30日経たず5月下旬に£250を下ろしたため£210×0.03=£6.30の手数料を支払いました。やらかしましたね。時給制で働いている私には結構なショックでした(笑)

 

救世主 Monzo plus

現金払いの家賃が£250で済む人なら良いのですが、そうじゃないと3%の手数料はバカになりません。ここで選択肢として出てくるのがMonzo plusの存在です。£5、最低3ヶ月続ける必要がありますが無料アカウントよりも充実したサービスが受けられます。

f:id:sp8uk:20210524111106j:imagef:id:sp8uk:20210524111110j:image
↓ この1番下の部分の詳細がこちら。

f:id:sp8uk:20210525062406j:image

この部分を読むと、サブスクのような形でお金を払うことでATM手数料が掛からなくなるみたいです。

ここで一度計算してみましょう。£170くらいで3%の手数料が£5を越えるため、毎月£250+£170=£420以上引き出す予定のある方だとMonzo plusにアップグレードした方がお得になります。

また、更にサービスが充実しているMonzo premiumというものもあるので気になった方は調べてみてください。

 

なんだかケチくさい記事になってしまいました。私は毎月追加で下ろす額が£170を超えないため、このまま無料でもいいかなと思っています。ただ有料会員だと1%の金利がつく、という部分が少し魅力的に思えているため、3ヶ月だけやってみてもいいかもな〜と迷い中です。もし既にMonzo plusにされておられる方がいらっしゃったら、使い心地を教えてください。

 

以上、piyaでした!

 

フルーツメール