手探りイギリス滞在記

手探りイギリス滞在記

英語が苦手なのにイギリスに飛び出した人の備忘録

ワクチンをふらっと打ってきたレポ

お久しぶりです、Piyaです。

遊びに行ったりバイトをしたりしているうちに、また一ヶ月ほど更新を怠っていました。

 

さて、今日はワクチンの話をしたいと思います。

私がYMSで渡英した頃から約1年と9ヶ月が経つのですが、実はGP登録をしないまま今に至っています。(GP=居住地域の家庭医のこと。町医者のようなイメージです。NHSで無料の医療サービスを受けるためには登録が必須なので、基本的には登録した方が良いと思います。海外保険に入っていない人は特に……)

そんな私が、今月渡英したての友人を誘ってサクッとワクチンを打ってきたのでそのレポートをしたいと思います。

※ GP登録をサボっている件(の言い訳)は海外保険の事も含め別の記事で改めて書こうと思いますので、ここでは割愛させていただきます。

 

予定が無くなったので友達を誘ってみた

ワクチンがイギリス国民の過半数に行き届いた事もあり、Walk-inでワクチンを受けられるという情報は持っていました。

ただ、副反応が起こる可能性を考えて次の日も休みの日に受けたいと思っていてずるずると日が経ち……今回、偶然できた連休で行けたらいいなと思っていました。

そして一昨日の午前中に「今日ワクチン打ちに行かん?」という軽いノリで友達を誘ったところ「おっけ!1時間後に行ける!」とこれまた軽い返事がありワクチンを受けに行くことが決まりました。

ちなみにこの友人は7月に渡英してきたばかりで、まだBRPカードもない状態&引っ越し予定があるためGP登録が出来ていない状況です。

私のように怠惰を理由にサボっている訳ではないことを、彼女の名誉のためにも補足しておきます。

 

さて、ワクチンを受けるとなればどこで受けられるかを調べないといけません。

ワクチンを受けられるVaccine Centresはサイトで検索できて、ポストコードを入れると近くの施設がリストとして表示されます。 ↓

https://www.nhs.uk/service-search/find-a-walk-in-coronavirus-covid-19-vaccination-site

今回は私の家から比較的近い場所に来てもらう事になりました。

 

サイトには大まかなルールが記載されており、

  • 予約不要(希望であれば予約も出来るようです)
  • GP登録をしていなくても大丈夫
  • 1st、2ndどちらも受けられることが多い(施設による)
  • ワクチンには限りがあるので時間帯によっては受けられない可能性もある

というような事が書いてありました。

 

私はBRPカード、友人はパスポートだけを持ってほぼ手ぶらでワクチンセンターに行くと建物の前に受付の方がいらっしゃり「予約しているか」「1stか2ndか」「生年月日の確認(IDを見せました)」という質問を受け、答えたらワクチンを打つ階へ行ってねと言われました。

「今日はファイザーです」と言われたのもこのタイミングだったと思います。

 

階段を昇った先には机に座った別のスタッフの方へ「名前」「生年月日」だけを伝え、ワクチン待ちの列に並びました。

ここまでがあまりにもスムーズで逆に不安を感じ始める私。

並んでいる人も数人だったのですぐ順番が回ってきて、個室に案内されました。

そして部屋の真ん中にある椅子に座り、長机でパソコンをカタカタしているおじさんと若いお兄さんからいくつか質問をされました。

 

いやこれ面接や。

 

軽い気持ちでワクチンを受けに来て、心の準備をしていないうちに面接が始まったのでめちゃくちゃ焦りましたがおじさんがとても優しかったのでなんとかなりました。

「最近身の回りでコロナに罹った人はいるか」「妊娠しているか」「GP登録をしているか」などの質問があり、それが終わった後にワクチンをプスッと打たれて「副反応が出るかもしれないから待合室で15分待ってね」と言われてほぼ終了。

ワクチンパスポート(で合っているのか…?カードのようなもの)も貰いました。

こうして私も友人も倒れたりする事なく無事に一度目のワクチンを打ち終わりました。

先にワクチンを打ち終えていた人達が貰っていたシールを私も貰えて嬉しかったです。

 

 

というわけでWalk-inでのワクチンレポートでした。

私のようにものぐさすぎてGP登録をサボっている人だけでなく、今回の友人のように「まだワクチンを打っていなくて、GP登録の関係などでしばらくワクチンを予約出来ない人」もワクチンを無料で受けられるチャンスなので記事にしてみました。

参考になれば嬉しいです。

 

以上、Piyaでした!

在英限界飯

こんにちは、Piyaです。

 

最近、Twitterで大学時代の後輩が「限界飯(げんかいメシ)」と名付けた料理のレシピを集めていました。

限界飯という名前から、それはもうめちゃめちゃヤバい料理ばかりなのかなと思いましたが蓋を開けてみると「ほどほどに手抜きして美味しく食べられる料理」のようでした。

一人暮らしをする社会人が仕事終わりに無理せず作れるものといったところでしょうか。

例えば、ツナ缶に醤油や味噌を混ぜたものを卵かけご飯にかける・豆腐に醤油とごま油をかけて海苔やごまをふりかける・納豆ご飯にラー油をかける…みたいなものです。

 

それらのレシピを眺めて私は思いました。

え、このレベルの料理が限界飯なら私は毎日限界飯ですが?と。

なんなら在英で食材が手に入らないハンデ付きですが?と。

 

そんなわけで、今回は私が普段食べている在英限界飯限界レベルごとに分けてみることにしました。

これから渡英される方には「この食材はイギリスでも手に入るんだな〜」と参考にしていただければ嬉しいです。

 

 

限界レベル ☆1

まずは日本の食材を多く使っているものや手間がかかるものから。

 

お好み焼

白い粉を日本から密輸しましょう。笑

お好み焼き粉さえあれば、卵・キャベツ・ベーコン・ねぎなどイギリスで買える食材で大体作れます。あ、ソースは必要ですね。

私はお金の余裕がある時に紅しょうがや天かすも買い足して何枚も焼いて冷凍保存します。

(お金に余裕が無いとお好み焼きすら作れない生活をしているんですか?と言われそう)

 

餃子

日経スーパーで餃子の皮を買って、ミンチ・キャベツ・ねぎを混ぜたものに直感でごま油やら鶏がらスープの素やらを入れて味付け。

餃子ってすごいですね、何を入れても大体美味しくなることが判明しました。

後は焼くだけ!少し蒸し焼きにするのをお忘れなく!

 

限界レベル ☆2

日本のものを材料に使っていますが、作るのが超簡単なもの。

 

きゅうりの浅漬け

揉むだけで浅漬けが出来る浅漬けの素を使えばごはんのお供がすぐ作れます。漬物を買うとそこそこ値段が張りますが、きゅうり自体はスーパーで激安で売っているので作った方がコスパが良い。頑張ればほんだしなどでも作れるかと思います。

 

わかめスープ

もはや鍋すら使わない。

器に鶏がらスープの素とわかめを入れてお湯を注ぐだけ!

イギリスではポタージュやミネストローネ系のスープをよく見かけます。コンソメや鶏がらなどの透明なスープが少ないので、好きな人はお徳用パックがあれば便利かなと思います。

https://a.r10.to/hyXR68

 

味噌汁

出汁に味噌を溶かしてわかめとかの具を入れるだけ!簡単!出汁は昆布や鰹から取らなくても粉末で十分です。増えるわかめはMorrison'sで安く売ってました。玉ねぎ、溶き卵、豆腐、ねぎ、何を入れてもそれっぽくなるので有難いメニューですね。

 

鍋キューブ

鍋キューブは日本から持ってきましょう。笑

プチっと鍋は見かけるのに、何故か鍋キューブは見かけません。という話は置いておいて……

大きいスーパーに行けば白菜が売っているので、とりあえず鍋キューブを入れて煮込めば美味しくなります。白菜は£1.20ぐらいで3回くらいは食べられるので。コスパが良いです。

 

無限きゅうり

きゅうりにめんつゆとごま油をかけるだけ。白ごまや韓国海苔があればなお良し。レタスでも美味しく出来ます。

 

限界レベル ☆3

ここからは食材がイギリスのものだけになります。

まだ辛うじて手間がかかるかな?というレベル。

 

ピザトースト

食パンにケチャップを塗って、炒めたベーコンと玉ねぎをのせてその上にチーズをかける。

日本でよく見る小さいオーブントースターが無いので、丸鶏を焼くようなでっかいオーブンを贅沢に使用してピザトーストを焼いています。

日本にいる時はピーマンものせていましたが、緑のパプリカ…?という感じの微妙に違う野菜しか見かけないのは何故?

 

マカロニサラダ

茹でたマカロニ(ショートパスタ)にきゅうり・ハム・スクランブルエッグを混ぜて塩こしょうを振って、マヨネーズで和える。

昔おばあちゃんが作ってくれた懐かしい味がしてエモ……となりました。

 

カレーうどん

カレーを作った翌日、余りにめんつゆを入れてSainsbury'sに売っている生うどん(65p)を入れる。

カレーを作るのもルーさえ手に入れれば割と楽ですよね。余ったカレーは冷凍も出来るし、何よりもこの国はじゃがいもやにんじんが引くほど安いのでコスパが良いです。おすすめ。

 

手抜きミートソースパスタ

玉ねぎとミンチを炒めてケチャップ・塩こしょう・とんかつソースで味付け。そこにパスタを投入。終わり。

 

ホットケーキ

これもお好み焼き同様、白い粉さえ持ってくれば卵と牛乳だけで作れるので嬉しいですね。焼いた後は冷凍も出来ます。

キリスト教のパンケーキデーで食べられるものはクレープのような薄さなので、よくあるふわふわで厚いものが食べたい場合は日本のホットケーキミックスが必要になります。こちらでも買えますがめちゃくちゃ高いので、持ってこられそうなら持ってくるのもアリかなと思います。もしくは送ってもらうとか…

 

抹茶ラテ

PRETも辻利も抹茶ラテが不味くて泣きました。バイト先の廃棄で貰った粉末抹茶を使って抹茶ラテを作ったらそっちの方が美味しかったです。

作り方は、温めた牛乳に砂糖と抹茶を溶かすだけ。

(余談ですが、T4の抹茶タピオカはちゃんと抹茶の味がして美味しかったです)

 

限界レベル ☆4

ここまで来ると、もはや手間も掛からない。

 

ジャックドポテト

オーブンにジャガイモを入れて焼いただけでジャックドポテトっていう料理になるんだよ!この国ではな!! 焼いた後はチーズやバターなど好きなものを乗せるだけ!!

 

ラッシー

ヨーグルトと牛乳を1:1で割って砂糖を入れて混ぜる。以上。

ジューサーがあれば良いのでしょうが、なくても何とかなります。何とかなっていると言い張る、それが限界メシ。

 

レタスとベーコンを茹でただけのやつ

レタスはサラダ用に加工されたものより丸々1個買った方が安いので丸々買うのですが、流石に1人で食べるには量が多すぎる。そんな時は一口サイズに切ったベーコンとレタスに塩こしょうを振って鍋に入れて放置すればなんか美味しい物ができます。ポン酢があると尚良し。

 

オーブンぶち込み系料理

とりあえずM&Sの商品を選べば間違いない。何かしらの商品を買って20分ぐらいオーブンで焼けば美味しい物が食べられます。

 

ツナマヨ

ツナ缶×きゅうり×キューピーマヨネーズ(イギリスでも売ってます)

炒めた玉ねぎと塩こしょうをプラスすると更に美味しいです。にしても、何故この国のツナ缶は高いんだろう。イワシはめっちゃ安いのに。

 

ベーコンポテト

レンチンで作れるフライドポテトが売っているので、それを買ってスクランブルエッグ・焼いて細かく刻んだベーコン・塩こしょうをのせたら美味しいおつまみが出来ます。京都のタパス屋さんのメニューをパクりました。

 

Nando'sの粉

大きいスーパーに行くとNando'sの粉が売っているので、鶏肉にまぶして焼きます。以上です。食ってみな、飛ぶぞ。

オーブン推奨のようですがフライパンでも出来ました。ただ焦げ付きがすごいのでホイルを敷くことをおすすめします。

 

 

いかがだったでしょうか。

今回は好き勝手書きました。

自由にのびのび書けて楽しかったです。

皆さんも、自慢の手抜きレシピがあればぜひ教えてくださいね!

以上、Piyaでした!!

 

Monzoの罠

こんにちは、piyaです。

 

以前記事にして紹介したネットバンク『Monzo』が便利なのでずっと使っているのですが、先日ATMを使った際に「ミスった!!」と思った出来事があったので共有します。

 

Monzoの現金引き出し上限

私が口座を作った時は1ヶ月£5500まで引き出し無料だったのですが、2020年10月31日から1ヶ月£250までは無料、それ以上は手数料が3%かかるという規定に変わってしまいました。こうして文字にしてみると、上限がかなり下がりましたね。

私はこの事実を知っていたのですが、今までは家賃を振り込みで払っていた事もあり、特に困ることはありませんでした。しかし5月以降は家賃を現金で支払う事になったので、規定が変わってから初めて£250以上引き出すことになりました。

そこで私は4月のうちに少しお金を下ろしておいて、£250を超える分の家賃に手数料が掛からないようにしようと考えました。

 

手数料無料の上限は「月に£250」ではなく「30日ごとに£250」だった

はい、結果は見出しの通りです(笑)

私は4月末までに£250を下ろせば5月はまた£250を下ろしても手数料無料だと勘違いしていました。

以下の画像をご覧ください。

f:id:sp8uk:20210525062239j:image

4月末に£210を下ろし、30日経たず5月下旬に£250を下ろしたため£210×0.03=£6.30の手数料を支払いました。やらかしましたね。時給制で働いている私には結構なショックでした(笑)

 

救世主 Monzo plus

現金払いの家賃が£250で済む人なら良いのですが、そうじゃないと3%の手数料はバカになりません。ここで選択肢として出てくるのがMonzo plusの存在です。£5、最低3ヶ月続ける必要がありますが無料アカウントよりも充実したサービスが受けられます。

f:id:sp8uk:20210524111106j:imagef:id:sp8uk:20210524111110j:image
↓ この1番下の部分の詳細がこちら。

f:id:sp8uk:20210525062406j:image

この部分を読むと、サブスクのような形でお金を払うことでATM手数料が掛からなくなるみたいです。

ここで一度計算してみましょう。£170くらいで3%の手数料が£5を越えるため、毎月£250+£170=£420以上引き出す予定のある方だとMonzo plusにアップグレードした方がお得になります。

また、更にサービスが充実しているMonzo premiumというものもあるので気になった方は調べてみてください。

 

なんだかケチくさい記事になってしまいました。私は毎月追加で下ろす額が£170を超えないため、このまま無料でもいいかなと思っています。ただ有料会員だと1%の金利がつく、という部分が少し魅力的に思えているため、3ヶ月だけやってみてもいいかもな〜と迷い中です。もし既にMonzo plusにされておられる方がいらっしゃったら、使い心地を教えてください。

 

以上、piyaでした!

 

数ヶ月ぶりの店内飲食!!

お久しぶりです、Piyaです。

4月の初めにパソコンが壊れ、うんともすんとも言わなくなってからブログを書くのが億劫になり約2ヶ月放置していました。すみません。そしてこの文章もスマートフォンからちまちまと書いております。キーボードが恋しい……(笑)

 

 

とりあえず、まずは近況報告をしますね。

イギリスでは12月の半ばから続いていたロックダウンが徐々に緩和されています。最近は週5で働き、良い具合にバタバタしています。12月からは週1〜週3ほどしかシフトに入れず、ロックダウンで行けるところもないため残りの4日も暇を持て余す……という虚無に溢れる生活をしていましたが、少しずつ色んな事が出来る様になってきました。

 

まず、4月に雑貨屋や屋外施設などが開いたので、友人とマーケットに行ってみたり遊園地やプチ旅行に行ってみたりしました。久しぶりに人と対面で会えて、屋外とはいえご飯を食べられて、嬉しいなあ楽しいなあと思いました。(作文)

そして先週の月曜日から、やっっっっっっと店内飲食が出来るようになったので、昨日友人と外食してきました。

この5ヶ月間は友達と喋ろうにも店に入れず、テイクアウトしたご飯を公園の芝生に座って食べたり、寒空の下ホットコーヒーを手に喋って体の芯まで冷えたり、散歩中にトイレを探すのが一苦労だったり……今までの生活では感じなかった『不便な事』だらけの日々でした。

それが今日の晩ごはんでは『目の前に机があって、追加のオーダーが出来て、飲食しながら凍えなくてよくて、トイレにも困らない』という状況になり『こんな……こんな便利な事があってええんか……?!』という気持ちになりました(笑)

そんな事を考えてしまうくらい久々の店内飲食だったので、今日は好きなだけ食べて飲むぞー!と自分に許可を出して楽しんできました。

 

まずは美味しいタパス屋さんで生ハムやポテト、アヒージョなどを食べました。写真を撮るのを忘れましたが、タコの料理がめちゃくちゃ美味しかったです。また食べたい。

f:id:sp8uk:20210524102236j:imagef:id:sp8uk:20210524102240j:image

 

そして、タパス屋さんを出てからは近くにあったチョコレートが売りのカフェへ。

エスプレッソ+好きな味のメルティチョコ、というメニューを頼んだらチョコが濃すぎて「エスプレッソどこにいるん?」という味でした(笑) 飲み物というよりデザートみたいで美味しかったです。

f:id:sp8uk:20210524102243j:image

そんな感じで、やっと日常が戻ってきたなぁと感じる日でした。

 

私のビザも残り5ヶ月。

やっぱりここ1年は「ワーホリビザを無駄にしている」という感覚が強かったのですが、徐々にその気持ちを払拭出来たらいいなと思っております。

そのためにもずっと閉まっていた博物館や映画館、きになるカフェやアフタヌーンティーにも行きまくろうと思います!

これからの記事はお役立ち情報より食レポが多くなりそうですが、何卒このブログをよろしくお願いします。

 

それでは! piyaでした。

 

↓ 良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

まるでチョコレートのテーマパーク! 『Cadbury WORLD』

こんにちは、Piyaです。

 

さて、今回はCadbury Worldという娯楽施設の紹介をしたいと思います!

これからコロナの規制が解除された際に遊びに行く場所の候補になればと思い、1年前に行ったこの施設の事を今更ながら記事にしてみました。

 

 

はじめに

Cadburyキャドバリーはイギリスのお菓子・飲料メーカーです。

紫のパッケージが印象的なチョコレートは色んなところで販売されており、とても有名なのでご存知の方も多いはず。

 

去年の冬頃、バイト先の上司にバーミンガムでCadburyの工場見学が出来る」と教えてもらい、気になったので語学学校の友達を誘って行ってみました。(※ 2020年2月頃)

 

 

いざ、bournville駅へ

LondonのEuston駅から電車に乗って2時間ほどでBirmingham駅に到着。

そこからローカルの電車に乗り換えてbournvilleという駅まで向かいました。

この駅が既にCadburyカラーでテンションが上がりました。

f:id:sp8uk:20210406073613j:image

そこから10分ほど歩き、無事Cadbury Worldに到着して……最初に思った事。

 

「これ、工場見学じゃないな?」

 

そうです、工場見学だと聞いて来たものの、実際はチョコレートのテーマパークでした(笑)

 

ちなみに、こちらが入口に貼ってあった地図です。

f:id:sp8uk:20210406073515j:image

このイラストに描かれている通り、コースを順に辿っていくアトラクションだらけのチョコレートツアー!という感じでした。

 

 

Chocolateの世界へDive!

入口でチョコレートバーを2本貰って(地味に嬉しい)中に入ると、まずはジャングルが現れます。

こちらはウォークスルー型になっており、歩きながらカカオの勉強が出来ます。

うん、既に工場見学ではない。(笑)


f:id:sp8uk:20210406074409j:image

f:id:sp8uk:20210406074416j:image

f:id:sp8uk:20210406074413j:image


ジャングルを進んだ後は、キャドバリーの歴史やチョコレートの作り方などを学びます。

なんだか社会見学っぽい!

シアターに入る前のエリアも手が込んでいてオシャレです。


f:id:sp8uk:20210406074453j:image

f:id:sp8uk:20210406074457j:image

 

チョコレートについてお勉強した後は休憩タイム!

あつあつとろとろのチョコレート&好きなトッピングを2つ選んで食べられます。(追加料金無し。嬉しいですね)

撮り忘れたため写真はありませんが、テンパリング体験なども出来ました。

テンパリング=溶けたチョコレートの温度調整をすること。石の机の上で大きなヘラを使って混ぜました。

 

そして工場も覗く事が出来ます。

実際に商業用に使われている大きい工場は隣にあったので、こちらは「実演用」に作られたものだと思います。

お姉さんがチョコレートの靴に柄を付ける様子をガラス越しに見たり、モールドにチョコレートを入れていくところを眺めていました。

このチョコレートの靴は販売されていて、欲しい場合は購入できます。


f:id:sp8uk:20210406074920j:image

f:id:sp8uk:20210406074924j:image

 

その次は 「プーさんのハニーハ○ト」をパクっ…リスペクトしたライド型アトラクションに乗りました。

カカオのキャラクター達がいるところを車型の乗り物に乗って進んでいきます。


f:id:sp8uk:20210406074736j:image

f:id:sp8uk:20210406074741j:image

写真がないのですが、ライド型アトラクションはこちらを含め2種類ありました。

ゆる~いカカオのキャラクターが動いていて可愛かった記憶があります。

少しシュールでしたが…(笑)

 

他にも、床に投影されたチョコレートを踏んだら割れる、インタラクティブなアトラクションやゴリラが楽器を演奏するアトラクション…?もありました(なぜ?)

 

室内のアトラクションを全て楽しんだ後は入口に戻ってきます。

併設されているチョコレートを割引価格で買えるお土産屋さんに立ち寄ったあと屋外へ出ると、子供達が遊べるスペースや軽食を購入できる売店があります。

そして『座席が動く4Dシアター』でチョコレートの世界を楽しんで終了。

座席が動くシアターはもうチョコレート会社の域を越えてるよ……

もはやユニバか?と思いました。

f:id:sp8uk:20210406074632j:image 

というわけで、子供向け施設と侮れないぐらい様々な体験やアトラクションを楽しめる面白い場所『Cadbury World』の紹介でした!

 

↓ 公式サイトはこちら 

www.cadburyworld.co.uk

※ 現在はコロナのため臨時休業中です

 

 

そして……Cadbury Worldだけでなく、バーミンガム駅周辺も魅力的!

街並みが美しく、ハイストリートもショッピングモールもあり、Cadbury Worldとバーミンガムをどちらも満喫するには日帰りでは時間が足りないなと感じるほどでした。

ロックダウンが緩和されたら、1泊2日のプチ旅行をしてみてもいいかもしれません。


f:id:sp8uk:20210406075029j:image

f:id:sp8uk:20210406075034j:image

f:id:sp8uk:20210406075037j:image

 

さて、いかがでしたでしょうか。

1年間我慢してきた分、夏ぐらいにはお出かけ出来るようになる事を願っています。

そしてどこにお出かけするか迷われた際は、この記事をぼんやりと思い出してもらえると嬉しいです。

 

以上、Piyaでした!

 

↓ 良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

これから渡英される方向けの記事一覧

こんにちは、Piyaです。

  

今まで書いた銀行口座や家探しなど、渡英初期に読んでもらえそうな記事のストックが出来てきたので、こちらにまとめたいと思います。

 

 

Step 1 渡航

 

・日本にいる間に準備出来ることリスト。ビザの申請などには触れていません。

sp8uk.hatenablog.com

 

・基本的な注意点です。ご存知の内容かもしれませんが念のため載せています。

sp8uk.hatenablog.com


 ・住む場所の探し方について

sp8uk.hatenablog.com

 

・現地で掛かる費用について

sp8uk.hatenablog.com

 

・日本円を送金する場合に便利なTransferwiseについて(クーポンあり)

sp8uk.hatenablog.com

 

 ・イギリスで使える格安SIMの紹介はこちら。(クーポンあり)

sp8uk.hatenablog.com

 

・こちらは個人的な内容になっているので参考になるか分かりませんが、載せておきます。

イギリスに持ってきて良かったと感じる日本製品 ~蛇足&節約編~ - 手探りイギリス滞在記

イギリスに持ってきて良かったと感じる日本製品 ~蛇足&節約編②~ - 手探りイギリス滞在記

 

 

Step 2 UK渡航

 

・ネット銀行の口座開設をする方法について

sp8uk.hatenablog.com

 

 ・現地スーパーを利用される際の参考にしてください。

sp8uk.hatenablog.com

 

 

Step 3 渡航後、生活が落ち着いてから

 

 ・家電量販店に行きたいなぁと思った人向けです。

sp8uk.hatenablog.com

 

・時間に余裕が出てきて、日本のコンテンツを視聴したいな~という場合に必要なVPN接続について。タイトルはお気になさらず…(笑)

sp8uk.hatenablog.com

 

・日本へ荷物を送る方法はこちら。

sp8uk.hatenablog.com

この記事の検証結果 → イギリスから送った荷物が日本に到着しました。 - 手探りイギリス滞在記

 

 

参考になれば幸いです。

以上、Piyaでした!

 

↓ 良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【反省】日本にいる間に準備しておける事

お久しぶりです、Piyaです!

 

ワーキングホリデーのビザが当たった後も、渡英するにあたって何かと準備をしないといけないですよね…

必要なものが多い中、何からやればいいの?!と思っておられる方は多いはず。

今回は、私が渡英後に日本に居る間に準備出来たなあと感じたものをピックアップしました。

 

  1. Instagramの開設 
  2. SIM解除SIMカードの準備
  3. 電話番号&メールアドレスの保存
  4. Amazonアカウントなどのユーザー情報の整理
  5. トランスファーワイズのアカウント取得
  6. 納税管理人の選定

 

それでは、順番に見ていきたいと思います。

 

 

1. Instagramの開設

これはもう済んでおられる方も多いと思うのですが、こちらで出会った友人と繋がるためにインスタのアカウントを取得しておくことをオススメします。

Facebookでもいいかもしれませんが、語学学校や仕事場を離れても気軽に繋がれて会話のきっかけにもなるのであれば便利かなと思います。

私の場合は、元々持っていたアカウントにログインできない&新しいアカウントを作りそびれていた事で、仲良くなった友達と繋がれないままさようなら…という悲しい事になりました。

アカウントを作り直してからは仲良くなった語学学校のクラスメイトと相互フォローになり、友達が住む異国の様子を覗いています。

 

 

2. SIM解除SIMカードの準備

イギリスで格安SIMを契約する場合、SIMフリーの端末を用意しないと現地のSIMを使えません。

SIM解除の方法はキャリアによって異なり、インターネットで簡単に解除出来る場合と、ショップに赴いたりカスタマーセンターに問い合わせをしないといけない場合などがあります。

ですので早めに確認しておくことをオススメします。

 

また、イギリスで使うSIMカードも日本にいるうちから準備出来ます。

私の使っているGiffGaffは日本まで送料無料でSIMを届けてくれるので、イギリスの空港に着いたらすぐにSIMを入れ替えてアクティベートする事で電波に困らず移動する事が出来るようになります。

詳しくはこちらの記事に書いています。(クーポンコードあり)

イギリスで使うSIMカードは安くて便利な『GiffGaff』がオススメ! - 手探りイギリス滞在記

 

 

3. 電話番号&メールアドレスの保存

上のSIM解除に関連する事ですが、今日本で使っている電話番号を帰国後に再度利用する場合は番号保存が必要になります。

こちらもキャリアによって保存方法が変わるため、早めに確認しておいてください。

 

 

4. Amazonアカウントなどのユーザー情報の整理

2・3で紹介したSIMカードや番号保存にも繋がることなのですが、日本の電話番号・メールアドレスを使ってアカウントを登録したものに関してログイン情報の変更が出来るものは前もって変更しておくことをオススメします。

意外と盲点なのですが、SIMを替えている期間は元の番号でSMS認証が出来なくなります。

同じ理由から、サブスクリプションの解約やログイン情報の変更などが必要な場合はあらかじめチェックしておく事をオススメします。(例:Amazon.jp、Yahoo!プレミアム、PayPayなど)

 

 

5. トランスファーワイズのアカウント取得

¥を£に替える際に便利なマルチカレンシーサービス『トランスファーワイズ』。

現在は『Wise』という名前に変わっています。

銀行などで替えるよりも安い手数料で換金できる便利なサービスです。

イギリスに到着して銀行口座を作ったらすぐお金を移せるよう、先にアカウントを作っておくと便利だと思います。

 

アカウントの開設に関して、詳しくはこちらの記事をどうぞ。 

日本からイギリスへ海外送金するなら、手数料の安い『TransferWise』がオススメ! - 手探りイギリス滞在記

 

 

6. 納税管理人の選定

1年以上日本を出る際に「転出届」を出すと年金と住民税が発生しなくなるため転出してから国を出る人も多いと思うのですが、その時に「納税管理人」を選定しておかないと税金の滞納などが発生してしまう場合があります。

私はうっかり選定せずに日本を出たので、税金を滞納している扱いになり税金をちょっと上乗せされる事態になりました。(一時帰国の際に解決しました)

 

 

 

という訳で、私の経験に基づいて「日本にいるうちに準備できたな」と思った事でした。

補足として、絶対やるべきというほどではないけれどチェックしておくといいかも?と思う事もリストにしてみました。

 

  1. 転出届の提出
  2. 銀行口座について
  3. 学割オイスターカード
  4. NISA口座の停止
  5. 歯医者に行っておく!!!!

 

1. 転出届の提出

イギリス滞在中に住民税や年金を払いたくないそこのあなた!!!!笑

納税管理人の所でも触れましたが、1年以上日本を離れる場合は転出届を出すだけで払わなくていいようになります(最低な表現)

この辺りは自治体によって条件が違うので、住んでいる自治体の窓口で確認してください。

 

ちなみに、住民税は1年前の所得から計算されるので転出届を出してイギリスに出た後も請求させる場合があります。会社で給料から天引きされていた方は退職に伴って自分で納税しないといけなくなる事があるので、注意してください。

 

 

2. 銀行口座について

イギリスで銀行口座を開ける場合、メガバンクなどでの開設は住所証明が必要になり難しい場合があります。

しかしネットバンクなら意外と簡単に開設出来ます。

 

私が使っている銀行口座の情報はこちらです。

sp8uk.hatenablog.com

MONZO以外で有名なネットバンクだと、Revolut・STARLINGがあります。

どこで銀行口座を開設するかをあらかじめ決めておくとスムーズにイギリス生活をスタート出来ると思いますので、時間のある時に比べてみてください。

 

 

3. 学割オイスターカード

こちらの存在を知っているか知らないかで交通費がかなり変わってくるので書いておきます。

 

以前書いた記事からの引用ですが、ロンドンは交通費が高いのに、アルバイトや通勤の場合も交通費が支給されない場合が多いです。

ただし語学学校や現地の学校に通う場合、対象の教育機関であればオイスターカード(交通系ICカード)の定期代が30%OFFになります。

(この割引は1ヶ月や1週間まとめて課金する場合のみ適用されます。)

この定期を持っていると、語学学校に行きながら働く場合や学校の後にセンターに出て遊ぶ場合も30%OFFになるので更にお得です。(笑)

学校に行く予定がある方は、自分の通う学校が対象のリストに入っているかをチェックしてみてください。

 

詳しく記載されていた記事のリンクを載せておきます。

londonnisumo.hatenablog.com

 

 

4. NISA口座の停止

積み立てNISAなどの投資をしておられる方で転出届を出す人のみですが、NISAは日本在住者向けの税金が掛からない制度なので、海外に出る場合書類を出してストップしないといけない場合があります。

こちらも銀行・証券会社によって条件が変わってくるので、一度確認してみてください。

 

 

5. 歯医者に行っておく!!!!!

 これはかなり大事な情報なのでたくさんビックリマークを付けました。(笑)

きちんと海外保険に入っていても歯医者さんでの治療は保険適用されない事が多いです。

1度の治療で£300ぐらい掛かった…なんていう話も聞くので、歯が痛くなくても渡英前に歯医者さんへ行ってチェックしてもらっておく事をおすすめします。

私が渡英前に見てもらった時は異常なしで3000円弱ほどでした。

£300と比べたらかなり安くないですか?

やっておいて損はないですよ!

 

 

以上、私が思いついた限りの「渡英前に準備出来る事」でした。

他にも浮かんだら記事にしますね。

ではでは、Piyaでした!

 

↓ 良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

フルーツメール