手探りイギリス滞在記

手探りイギリス滞在記

英語が苦手なのにイギリスに飛び出した人の備忘録

自己紹介&このブログの目標

こんにちは、Piyaです!
こんなに小さな出来立てブログをご覧いただきありがとうございます。

 

前回に引き続き、今回はより詳細な自己紹介をしようと思います。

(早く役に立つ情報だけ知りたいわ!!という方は読み飛ばしてもらっても大丈夫です。)

 

 

1. プロフィール

京都出身で、現在ロンドンに住んでいる20代後半♀です。

性格はザ・マイペース。

ポジティブで「ま、いっか~」が口癖です。

英語が苦手で右も左も分からないまま渡英しましたがなんとかトラブルもなく生きられてます。

 

 多趣味ですぐに色々なものに興味を持ちます、が飽き性なので3日坊主になったりします。

…ブログは続けられますように!笑

 

好き : 映画、音楽、紅茶、カフェ巡り、文房具、エレクトーン、マンガ、コスプレ、スマホゲーム、うさぎ、カラオケ、手芸、お笑い芸人、アイドル、ご飯を食べること、寝ること、旅行

嫌い : トマト、虫、ホラー

 

 

2. ブログの目的

私は学生時代英語がとても苦手でした。

元の英語力は初心者レベルで、さすがに危機感があったためビザが当たってから渡英するまでの数ヶ月間だけ英会話教室に通いました。

いわゆる付け焼き場です。

そんな状態でイギリスに来てから語学学校に通っていたものの最初の英語力は本当にダメダメ。

ホストマザーに簡単な事を伝えるのすら英語が出てこないし、自信もないので「Yes」「Thank you」「Sorry」の3単語を使いまくっていたと思います。

 

で、当たり前ですが海外に住むとなると色々と必要な作業が出てきますよね。手続き系の。

そもそも私は日本で一人暮らしすらしていませんでした。

英語がロクに喋れず、地元の京都以外に住んだことがない人がイギリスに単身飛び出したら…どうなると思いますか?

 

日本の住民税は?!ケータイはどうすればいいの?!納税者番号ってなんじゃい?! みたいな。

もう毎日が疑問だらけなわけです。

 

周りの力を借りながら、2ヶ月ほど経って何とか落ち着いた私は思いました。

「こういう本当に必要な情報が欲しかった…」と。

留学エージェントや海外在住の方のブログは他にもありますが、みなさん英語が出来る人の目線だったりやたらチャレンジングだったりするわけです。

私はもっとチキンなの!!とかその前の基礎を教えてよ!!!!!と思う事が多々ありました(笑)

なので、自分が困った事を踏まえてもっとマクロな目線で情報を発信していけたらと思っています。

 

「海外に行きたいものの英語力が無いから迷ってるけど…こいつ見る限り、案外なんとかなりそう」と思ってもらえるようなブログにしたいと思っています。

 

 

3. ワーホリに来た経緯

結論から言いましょう、全てはハリーポッターのせいです。

ハリーポッターの影響でイギリスに来たのが1度目、その後2度目の渡英時に現地を案内してくれたJTBのお姉さんからワーキングホリデーという制度を教えてもらい、その存在を知りました。

 

その後はイギリスでワーホリしたいな…という思いを燻らせながら新卒で入った会社を3年半ほど続け、イギリスへの想いが耐えきれなくなったタイミングで運良くYMSビザに当選しました。笑

 

その後数ヶ月の準備期間を経た後、2019年11月に渡英したのですが…

新型コロナの影響でロックダウン&別の事情で半年ほど日本へ帰国。

2020年の10月にイギリスへ戻ってきましたが、現在またロックダウンになったのでゆったりニート生活をしています。

貯金を切り崩しながら、求職活動をしつつ今まで挑戦してみたかったライティングや資産運用、ブログ運営などに挑戦中です!一体どうなることやら!!

 

 

 4. 今までの仕事について

音楽をずっと続けていることもあり、日本では楽器屋で働いていました。

ロックダウンの前まではロンドンにて日系のスーパーで働いていました。

 

アルバイトはたくさん経験してきました。

マクドナルド、巫女さん、喫茶店のウエイトレス、テストの採点、授業の手伝い、ワインバル…祇園祭の鉾が出来ていくのをカメラに納めるバイトなんていうのもした事があります。

多分他にもあったと思います。多いな。

接客ばかりしてきたこともあって、ネットでのライティングに新しくチャレンジしたいなと思い立ちました。

 

 

 5. まとめ

思った以上に長くなってしまいました。

結局、海外に出るのって怖いけど、案外なんとかなるよ! 一度きりの人生、やりたい事して楽しもうよ!という事が伝えたかったんです。笑

 

今回はここまでです。

ここまで読んでくださりありがとうございました!

次回からはもう少し役に立つ情報をお伝えできればと思います。

では、またお会いしましょう!

フルーツメール