手探りイギリス滞在記

手探りイギリス滞在記

英語が苦手なのにイギリスに飛び出した人の備忘録

イギリスで開設したネット銀行口座『Monzo』をオススメする

こんにちは、Piyaです。

 

YMSビザの特権は、なんといってもイギリスで働けること。

しかし、イギリスで働くためには「銀行口座」と「NIナンバー」の準備をしないといけません…。

NIナンバーはさておき、銀行口座は意外と簡単に開設する事が出来ます。

 

ということで、今回はオススメのモバイルバンク「Monzo(モンゾー)」を紹介していきたいと思います! 

参考URL Monzo – Join Monzo today

 

 

 

大手の銀行口座は結構大変

まず、大手の銀行(HSBCやBarclaysなど)で銀行口座を開設するためには「住居証明」や「Bank letter」など手続きに必要な書類がたくさんあったり、窓口で相談&交渉をする必要があるなど、海外初心者にはかなりハードルが高いです。

面接をいきなりするイメージですね…

 

スマートフォンのSIMを使えばケータイ会社経由で住居証明を取得できるようですが、使えなかったという情報も見たので断言できません。

 

 

ネットバンクの『Monzo』で開設してみた

そこで、英語初心者の私が作ったのは『モンゾー』というネットバンクの口座。

友達から「簡単に作れるよ」と教えてもらいました。

パスポート・BRPカード・イギリスでの住所があれば大丈夫です。

銀行口座を作ってしまえば日本からの海外送金も出来るようになるので、住所が決まった方は早めに作ることをオススメします。

 

それでは、実際に作って良かったなと思う点がいくつかあるので、オススメするポイントを挙げていこうと思います。

 

 

① アプリから簡単に口座を開設できる

アプリをDLして情報を打ち込めば簡単に申し込めます。

銀行窓口で口座を開設する場合は1時間ほど掛かると聞いていたので、むしろあっけなくて心配になるぐらいでした。笑

 

そして本人確認のために「Hi, My name is _____, and I want a Monzo account.」と言っている動画を送ればOKです。

この自撮り動画撮影以外はハードルが高くないです。

※ 普段動画の自撮りをしない上に、下手くそな発音で自撮りするのがすっごい恥ずかしかった人…

 

 

② 受け取り場所として学校や職場を指定できる

キャッシュカードの受け取りは語学学校や会社を指定する事も可能。

実際、私も語学学校経由で受け取りました。

ホストマザーに「出来るだけ住所を使わないで」と言われたからです。

この発言には理由があり…詳しい説明は割愛しますが ホストマザーの負担する住民税が上がってしまう可能性があったからです。

これからホームステイをされる方は、念のため住所を使っていいか確認するよう推奨します。

 

③ コンタクトレス機能付きのデビットカードが使える

コンタクトレスとは、一定金額まではかざすだけで支払いが出来るデビットカードの機能です。

日本でクレジットカードを使う場合、サインを書いたりPINを打ち込んだりしないといけませんが、デビットカードだとサッとかざすだけで機械がピーーと言って支払い完了。※関西人は擬音で喋りがち

使ってみれば分かるのですが、この機能は本当に便利です。

カードのデザインもオシャレな蛍光オレンジでミレニアル世代に人気なのも頷けます。

 

 

④ ヨーロッパの国でお金を下ろせる

イギリスにいるとヨーロッパの各国にすぐ旅行に行けるので、色々な国に訪れる可能性が高いですよね。

MonzoのカードがあればEUの国で換金することなくデビットが使えます!

ヨーロッパでは電子マネーが普及しているため現金を使う機会は少ないですが…

何かあった時にお金を引き出せる、という安心感があるのは嬉しいですよね。

EU離脱後はどうなるかわからないので新しい情報が入れば更新します。

 

⑤ 嬉しい家計簿機能つき

デビットカードの良いところは口座から即座にお金が引き落とされるため使ったお金が分かりやすいところ。

アプリを開けばリアルタイムで残高が確認できる上に、どこのお店でいくら使ったかの記録が残ります。

更に、今日使ったお金の累計や1ヶ月分の使ったお金・入ったお金まで見える化してくれるので無駄遣いに対する意識が出来ます。

 

 

 

その他のモバイルバンク

 ちなみにMonzo以外にも有名なモバイルバンクが2つあります。

  •  Revolut
  • STARLING BANK

Monzoと合わせて人気の3社。

ぶっちゃけ出来ることはほとんど一緒です。

細かい違いを比較したい方はこちらの記事をご覧下さい。

tokyoesque.com

 

今までATM手数料が£5,000/月まで無料なのが魅力でしたが、2020年10月31日より月に£250以上を下ろす場合3%の手数料が掛かるようになってしまいました。

無駄な手数料を抑えたい人は、口座を2つ持つのも良いかもしれません。

※ イギリスでは本来複数口座を持てないみたいですが、友人でモバイルバンク&大手銀行の2つ持ちやモバイルバンクの口座を2つ持ちをしている人がいたので工夫すれば出来そう? この辺りについて新しい情報があれば更新します。

 

 

 

私はずっとMonzoを使っていますが、今のところ困った事はありません。

店舗がないため問い合わせなどは全てオンラインになりますが、ワーホリをされる20代~30代の方であれば難なく使いこなせると思います。

銀行口座の開設で迷われている方はぜひMonzoで作ってみてください。

 

以上、Piyaでした!

 

 

 

★Monzoアカウントはこちらから登録できます。

join.monzo.com

 

 

★関連記事

sp8uk.hatenablog.com

 

 

フルーツメール